オリソンテについて

概要

目指せ!!自立型(ガイドレス)登山者、沢ヤ、クライマー
NPO法人・オリソンテ登山学校では、沢登り、シャワークライミング、岩登り、アルパインクライミング、探検冒険的山登りなどの自立型登山(自分達で計画し実践する登山)を目指すための各種講習会やスクール、イベント、登山教室を開催しています。ただし、ガイド山行はいたしません。

スタッフ

浜島一郎

オリソンテ登山学校代表。1961年、福岡県北九州市出身。国内では丹沢を中心に夏は沢登り、 冬は北・中・南アルプスの雪山・アルパインクライミングなどオールラウンドに山に登る。 海外ではシャモニー針峰群、ペイニュ針峰パピオン稜・グランシャルモ西壁・ミディ南壁、北米大陸マッキンレー、ニューカレドニア島のパニエ山などに登る。NPO法人日本トレッキング協会会員。主な著書に『これで身につく山歩き・バテない歩き方術』、『これで安心・山歩き基本ハンドブック』(共著)、『野外生活の基礎知識』、『誰でも作れるアウトドア料理とダッチオーブン』(共著)、『クルマ旅のコツとワザ』(共著)などがある。

大村愼一

1949年 富山県高岡市で生まれ、目黒区で成長。初のハイキングで山の花が好きになり、ハイキング・縦走をはじめる。何時の間にか沢登り・岩登り・氷壁登攀・山スキーもするようになったが、今でも山の花に出合うのを楽しみにしている。国内では穂高・剣・谷川等を中心に登攀活動を行う。海外では1978年ネパールヒマラヤ・ガネッシュⅣ(パビール 7102m)初登。モットーは「努力すれば誰でも登れる」。アウトドアーズクラブ風来坊所属

須藤良一

1950年生まれ。東京都立川市在住。山形県天童市出身。アウトドアーズクラブ風来坊所属。アウトドアーズクラブ風来坊では沢を中心に登り歩く。と同時に、渓流釣りの名手でもあり、沢中泊の山行では食料調達リーダーとしてなくてはならない存在。 甘いフェイスが中高年女性講習生の憧れの的。

山本憲一

1967年生まれ。東京都台東区在住。山口大学工業短期大学部卒。山岳読図やビバーク技術、その他山岳担当。沢登りをはじめ、国内の無名な山、道なき山、人跡稀な山を好み、ツェルトビバークでヤブ山を踏破する。 山の生活技術全般に精通したスペシャリスト。

山下修平

1986年生まれ。神奈川県茅ケ崎市在住。和光大学人間関係学部卒。オリソンテ登山学校では最年少スタッフだが、各種クライミング、沢登り、一般登山技術担当の次世代を担う存在。沢登り、谷川岳一ノ倉沢、穂高岳屏風岩をはじめとしたクライミング、冬季・八ヶ岳アイス&フェースクライミングなどオールマイティに登る。とくに「スラブ系沢の登攀に関しては戦車のごとく、忍者の如し」との評判あり。寡黙だが実践力・実力抜群の若きインストラクターに女性講習生の熱き視線が交差する。

加藤克征

1974年生まれ。東京都杉並区在住。信州大学経済学部卒。夏の沢登り、国内のロッククライム、冬のアルパインクライミングと幅広く山に登る。当初から家族ぐるみのオリソンテ参加で現在はご夫婦でスタッフ的役割を果たす。ご子息である梓紗、聖里は13年穂高岳奥又池へ到達。いつの間にか少年少女クライマーに成長する。

大道隆雄

1971年生まれ。新潟県佐渡市出身。夏の沢登り、北岳バットレス、谷川岳一の倉沢などのロッククライミング、冬山などオールマイティに山に登る。長身で寡黙、平日はジョギングも日課にする馬力をもつ体力派。主に初級のロープワークや登攀技術を担当する。

三代幸子

1977年生まれ。大阪府堺市出身。当校のカンバン娘五(?)人衆の一人。憧れの穂高北尾根、谷川岳一ノ倉沢中央稜、南稜、そして近郊の主な沢も難なくクリア。晴れてスタッフの仲間入りに。主に会計や女性講習生のお世話係。フリーの技術は当校でも上位。トレイルランもこなし、その細身からは想像できないずば抜けた体力を持つ。その秘訣は毎日職場までの自転車出勤か。都内中心地にある会社の淑やかなオフィスレディでもある。

竹本彩

1981年生まれ。千葉県茂原市出身、ベトナムハノイ市在住。夏の近郊沢登り、ゲレンデでのクライミング&アイスクライミング、一般登山。 2013年3月まで修行しながら一般雑務を担当していたが、現在本業の都合でベトナム在住のため登山は一時休業中。オリソンテでの鍛錬の甲斐あって現地では鋼の胃腸を持つ日本人と噂される。紅河デルタの平らな土地に多少の不満はありつつも、日々の停電、路上屋台メシ、アレなトイレetc.で街中なのに山中的生活をエンジョイ。

関喜義

1955年生まれ 神奈川県厚木市在住、丹沢山塊に抱かれて成長。半世紀前から物が無い山岳地帯や自然を好み、現在は年間170日ほど山に入って生活している。日本転倒予防学会、日本山岳文化学会、日本山岳ガイド協会などに所属しクライミングから一歩離れた見識も積み重ね、日々衰える体力と悪戦苦闘している。2017年12月~2018年1月にはフジテレビのドキュメンタリー番組にも3回ほど出演し、自然の恵みや厳しさを語っている。

鈴木彰浩

1967年生まれ。長野県伊那市出身。早稲田大学理工学部卒。少年期より中央アルプス、南アルプスの山に登りながら育つ。海に憧れて沖縄で暮らすも、帰巣本能から再び山の世界へ。厳冬期富士山や積雪期バリエーションなど、心身ともに鍛えられる単独山行が大好き。平日はインドアクライミング、週末はアルプスや外岩に出かけてトレーニングを積む。育ち盛りの四人の子をもつ父親でもあり、山、仕事、家庭を奇蹟的に並立させている。

須田真彦

1981年生まれ。八ヶ岳や南アルプス等、関東近郊での各種クライミング、2014年からトレイルランレース、アドベンチャーレースに参戦。第一回大山アドベンチャーレース優勝。海外ではインドヒマラヤ・ストックカンリ(6123m)、シャムセールカンリ(6620m)等。ホームページ担当。

山本祐敬

1974年生まれ、千葉県柏市出身。主に積雪期バリエーションやアイスクライミング(コンペ参戦)・厳冬期の富士登山などを好む。また一方では和楽器バンドに所属し、介護施設・ホテルなどで演奏活動を行なっている。2014年からウルトラマラソン(100km)に参戦。

高麗祐子

群馬県出身。夏の北アルプス縦走などオーソドックスな登山を始める。近年は岩登り・沢登り、冬のアルパインなど果敢にアタック、実力を伸ばしつつある。低山バリエーションも好みでハンモックキャンプの愛好者。